イエスキリストと奇跡との関係

おはようございます。

cross-2713356_1920.jpg

イエスキリスト氏のタブーに触れる内容になりますので、絶対的な個人への信仰心をお持ちの方や、組織の関係者の方、その他もろもろの方々、ご自分の判断でごらんくださいませ。

奇跡は、イエスキリスト氏が、復活して昇天するまでは、結構派手なものがありました。

代表的なものはモーゼ(アセンデッドマスターエルモリヤ)の海を割るとかです。

イエスキリスト氏も、石をパンに変えるとか、水をワインに変えるなど。

現代では、サイババ氏が物質化現象というより、あれは、4次元空間から取り出すという手品チックなものですが(一回壺からビブーティーを出す映像を見てください。ただ、あれも当時最先端のCGかもしれませんw)

イエス氏が修行をして救世主としての使命を帯びていたことはそうなのですが、氏の試練として、神に頼る傲慢さが出てしまいました。いつの間にか神を使役できると錯覚してしまったのです。それで、13番、「裏切り」により、磔にされました。

それによって禊を受け、復活してその後アセンデッドマスターになるわけですが、結局、奇跡の濫用という前例を残す結果となり、マスター評議会で、基本的には奇跡を封じるという事になってしまいました。

同時に、救世主の呪いともいうべき西暦の2000年が始まってしまいました。

それは、ユダヤ教への敬意を払わなかったイエス氏と、堕落してしまったユダヤの民とのギャップからくる衝突で、権威的なユダヤからしたら、イエス氏は既得権益を奪う脅威に映ったことでしょう。

救世主と言えども過ちを犯す。また、一般の人も、真実を見抜けない、救世主や権威に依存してしまうなど、様々な教訓を残しました。

21世紀で新しい千年紀となり、また水瓶座の時代入りにちょうど差し掛かった節目として、これを明かしていいとの評議会のお達しです。

それでは、読者の皆様におかれましては、私のこの見解を吟味して、ご自分やご家族、友人、会社、コミュニティなどへの貢献の材料としていただけると幸いです。

この記事へのコメント

ラベルリスト

↑60年間で累計100万人が体験した 子供を天才に育てる七田式の 「35日完結バイリンガル英語脳プログラム」
短期集中でノンストレス&ノーリバウンド(個人の感想です)!専門家のアドバイスで貴方も賢約家に!貯蓄1000万円を現実のものに!